2021.05.14 18:00 ブランド紹介 化粧品 日用品

オーガニック日焼け止めブランドおすすめ9選



こんにちは、natural style BIO SOPRA Tokyo(ナチュラルスタイル ビオソプラ トーキョー)です。

近頃、日差しが強く感じるようになってきました。夏到来ですね。
natural style BIO SOPRA Tokyo (ビオソプラ) は、都会で忙しくパワフルに過ごされているお客様に健康、美容のサポートをするだけでなく、カラーや香りを通じて四季を感じるライフスタイルを提案いたします。

今回は、夏に必須アイテムの日焼け止めについてご紹介します。
5月~7月が紫外線のピークの時期といわれていますが、夏のスキンケア対策はいかがでしょうか。夏のお肌は、紫外線や汗など肌トラブルが気になります。
紫外線からお肌をしっかりガードしながら、保湿など、いつも以上にお肌のお手入れを行う事が大切です。

紫外線対策をする上で欠かせないのが、日焼け止めです。

昨今は、様々な種類の日焼け止めが商品化されています。日焼け止めの種類が多すぎて、どれが良いのか、何をポイントにして選んだら良いのかわからなくなります。

数字が大きい方が良いの?と思いきや、普段使いするなら強すぎる日焼け止めはかえって肌に良くないよ、と言われたり。

全ての種類の日焼け止めは、商品化されているので良いとは思うのだけど、私自身のライフスタイルにあった日焼け止めが欲しい。そんなに外出しないから、強すぎず弱すぎず、肌に馴染む日焼け止めが良いな。
など、ご自身のライフスタイルにあった日焼け止めが欲しいと思いませんか?

これからの季節に必須アイテムの日焼け止めを選ぶポイントについてご紹介します。
ご自身のライフスタイルにあった日焼け止めを見つけるための参考になれば幸いです。

日焼け止めの特徴と選び方

昨今の商品開発はすごく、日焼け止めといってもたくさんの種類があります。ポイントは、ご自身のライフスタイルに合ったものを選ぶことです。
日焼け止めを選ぶ時に気をつけたいポイントをご紹介します。

①紫外線吸収剤が入っているか、ノンケミカルか確認する

まずは、パッケージの裏を確認しましょう。最近では、パッケージの表に大きく書いてある事が多いです。

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収して肌に紫外線を侵入させない作用のある成分のことです。人によっては肌に刺激を感じることがあります。
紫外線吸収剤を使用していない「紫外線錯乱剤」や「ノンケミカル」と表示された日焼け止めがオススメです。


②SPF・PAを確認する

日焼け止めの効果がどれくらいあるかは、SPFやPAの数値が参考になります。

地表に降り注ぐ紫外線の約9割がUV-Aです。
家の中や車の窓ガラスなども透過して肌に到達します。肌が黒くなったり、シミやたるみの原因に。家の中やドライブ中などに気をつけたい紫外線です。

PAとは、UV-Aに対する防止効果を示します。「Protection Grade of UVA」の略です。
PAは「PA+」〜「PA++++」の4段階で表示され、「+」が多いほど防止力が高まります。

屋外での日焼けの主な原因となるのがUV-Bです。たくさん浴びてしまうとすぐに赤く炎症を起こし、メラニンができ、シミや色素沈着の原因になります。

SPFとは、UV−Bに対する防止効果を示します。「Sun Protection Factor」の略です。
SPFは数値が大きいほどその防止力が高まります。

ポイントは、ライフスタイルや用途に合わせて強さを選びましょう。
・SPF50~50+・PA++++:海やプールなどのレジャー、炎天下でのスポーツなど
・SPF30・PA+++前後:通勤・通学などの日常生活
・SPF10~20・PA+~++:家事や短時間の買い物など

普段あまり外出しないけど、たまに買い物に行くくらいなら、SPF30・PA+++前後で十分です。強すぎると、肌に負担をかけることもあるため、使い分ける事が大切です。


③用途に合わせて剤形を選ぶ



用途に合わせて、日焼け止めの剤形を選びましょう。

海やプール、大量に汗をかくようなシーンでは「ウォータープルーフ」「汗や水に強い」などの表示があるものがオススメです。
水や汗などで落ちにくい工夫がされているため、洗顔でも落ちにくいのが特徴です。

その他にも、様々な剤形があ流ため用途に合わせて、選びましょう。

・「ジェルタイプ」:伸びがよく、軽いつけ心地で白浮きしにくい
・「スプレータイプ」:外出先では塗り直しがしやすい、髪や頭皮にも使いやすい
・「パウダータイプ」:粉で塗り直ししやすい
・「乳液タイプ」:保湿性もあり、ノンケミカルの種類が豊富
・「ウォータープルーフ」:マリンスポーツや汗をかく激しい運動などに

普段使いなら、白濁した乳液タイプの日焼け止めがオススメです。
肌に馴染みやすく、洗顔でも落ちやすいのが特徴です。

汗をかくと日焼け止めも落ちてしまいます。外出先ではご自身が塗り直しやすいと思う日焼け止めを携帯し、2〜3時間おきに塗り直すよう注意しましょう。

オーガニック日焼け止めブランドおすすめ9選

様々な日焼け止めがありますが、今回はオーガニックに限定してご紹介します。
「オーガニック日焼け止め」とは、有機栽培された植物の成分を配合した日焼け止めのことをいいます。

農薬や化学肥料などを使用していない、もしくはごく少量使用のため、私たちの体への影響が少ないといわれています。

オーガニック日焼け止めと言っても、各ブランドで特徴やコンセプトも様々です。
それぞれの特徴をご紹介します。


ロゴナ ルアモ


ロゴナはドイツで生まれた、オーガニックコスメのパイオニアです。
40年に渡って、植物の穏やかでパワフルな力を信じ続け、絶え間ない研究開発と改善を続けています。ロゴナの日焼け止め「ルアモ」はナチュラルな成分のみを使い、さらりとした使用感で、白浮きしない日焼け止めです。

SPF28 PA+++ 24時間、365日。
光ダメージからお肌を守ります。/天然由来100%/新・紫外線散乱剤「酸化セリウム」使用/紫外線吸収剤不使用/酸化チタン、酸化亜鉛不使用/ナノフリー/石けんで落とせる


fruits roots(フルーツルーツ )



国産無農薬のフルーツやハーブ及び天然成分のみにこだわった肌に優しい日焼け止めです。国産ダマスクローズを中心にゼラニウム、ブドウ、イチゴなどの5種類のフルーツエキスで配合された優しい香りは、日焼け止め独特の嫌なにおいがありません。
べたつきがなく、さらりとしたテクスチャーで白浮きもせず肌なじみがいいため、化粧下地としても使いやすいです。
使用されている紫外線吸収剤は「シアバター」という天然成分です。
〈不使用成分〉
×パラベン・フェノキシエタノール×鉱物油×合成香料×合成着色料×動物実験


amritara(アムリターラ)


アムリターラは2008年に誕生した国産オーガニックコスメブランドです。
九州の自社農園の自然栽培ハーブをはじめ、世界中から厳選したオーガニックや野生の植物が持つ力「フィトエナジー」でお肌をすこやかに保護します。
美容ミネラル「酸化セリウム*」やベリーの力だけで、紫外線から素肌を守るサンスクリーン。紫外線吸収剤や酸化チタンは不使用で、石けんで落とせます。
〈不使用成分〉
×合成ポリマー×ナノ粒子×酸化チタン×酸化亜鉛×タルク×合成界面活性剤×合成防腐剤


MAMA BUTTER(ママバター)


上質でやさしい植物の潤いを、本当に必要としている赤ちゃんやママたちに届けたい。その想いから2007年に生まれた、国産のオーガニックコスメブランドです。
天然由来成分98%。オーガニックシアバターを3%配合し、みずみずしいテクスチャーでお肌の潤いを逃さない日焼け止め乳液タイプ。
ノンケミカル処方でありながら、ロングUVAもカットします。
オウゴン根エキスが、大気汚染によって引き起こされる環境の外的要因による乾燥ダメージをケア。冷暖房による日中の乾燥や1年中降り注ぐ紫外線からもお肌を守ります。
お肌にさらりと伸ばしやすいテクスチャーで、ウォーターレジスタントタイプなのに石けんで落とせます。
〈不使用成分〉
×紫外線吸収剤 ×シリコーン ×合成香料 ×合成着色料 ×鉱物油 ×パラベン ×動物性原料 ×エタノール ×石油系界面活性剤


ヴェレダ・ジャパン


ヴェレダは、1921年の創業以来、ホリスティックなオーガニックコスメとアントロポゾフィー医療の医薬品を扱う世界的な企業として、発展を続けています。
純白の花エーデルワイスが肌を守って、紫外線をブロックしてくれます。
100%天然由来成分で、オーガニック認証の「ネイトゥルー」取得。
石鹸で落とせるので、専用のクレンジングいらず、お風呂場で簡単に落とせます。肌色や肌質を問わず、一年中心地よくお使いいただけ、敏感肌の方やプレママ、男性も、家族みんなで使っていただけますよ。
〈不使用成分〉
×合成保存料×合成着色料×合成香料×鉱物油×紫外線吸収剤


ALOBABY(アロベビー)


ALOBABY(アロベビー)は敏感な赤ちゃんの肌のために生まれた国産オーガニックベビースキンケアブランドです。
肌にやさしい99%以上天然由来成分・無添加。新生児からお使いいただけます。
紫外線や虫が気になる嫌な季節に、1本で赤ちゃんの日焼け止め&アウトドア対策ができます。
赤ちゃんの肌を考えた100%天然由来・8つの無添加*・国産オーガニック。紫外線吸収剤も不使用で、新生児から使用できます。
アロエベラ液汁やカミツレ花エキスなど、肌をケアする天然成分を配合。石鹸で落とせます。
〈不使用成分〉
×合成香料・合成着色料×アルコール×合成ポリマー×パラベン×シリコン×鉱物油×石油系界面活性剤が無添加。


WELINA(ウェリナ)

http://www.welina.jp/
ウェリナ・オーガニクスは、ハワイ州各島で採取される野生植物原料と海洋深層水から作られるナチュラルコスメブランド。ウェリナでは一切の化学系薬品、保存料、鉱物系原料、副作用や刺激の考えられる原料を使用せず、体にも地球にもダメージを与えない事が本来の美しさだと考えます。
「大切な家族のために、産まれたての赤ちゃんが使えるものを。」は、WELINA発足時から変わらないテーマでありコンセプト。
ハワイ州の各島々から集められた「厳選オーガニック植物原料」と「海洋深層水」を全アイテムに贅沢配合しています。


イルミルド製薬|ALLNA ORGANIC


石鹸で手軽に落としやすいo/w処方なので、赤ちゃんシートや石鹸洗いで手軽に落としやすい商品です。7つの無添加*を実現している、ベビーのためにつくられた日焼け止めです。
〈不使用成分〉
*合成香料不使用、合成着色料不使用、鉱物油不使用、ノンパラベン、紫外線吸収剤不使用、ノンアルコール




日焼け止めは、たくさんの種類があり、それぞれ特徴が異なります。
各ブランドが、コンセプトや配合成分にこだわって日焼け止めを開発しています。

まずは、自分の肌にあうのか、用途は普段使いなのかなど、ご自身のライフスタイルに合わせて日焼け止めを選びましょう。

お店に足を運んで、ブランドのこだわりを聞いてみたり、実際にサンプルを試して、肌触りを確かめて見るのも良いですね。


紫外線のUV-Aは1年中降り注いでいます。日焼け対策は夏だけではなく、1年通して必要です。ご自身にあった日焼け止めを見つけて、継続して使用することが大切です。

natural style BIO SOPRA Tokyoでは、ワークショップも開催しております。参加者の皆様とオーガニックの素晴らしさを体感できる内容となっております。
定期的に、イベントの告知を行なっています。ワークショップや店頭で皆様とお会いできる日をスタッフ一同楽しみにしております。


【natural style BIO SOPRA Tokyo公式HP】
https://bio-sopra.com

【natural style BIO SOPRA Tokyoイベント情報】
https://bio-sopra.com/workshops

【過去のワークショップ・イベント】
・オンライン対談「女性経営者による一流の健康管理と免疫力アップ術」
 https://bio-sopra.com/workshops/29365
・自然由来のルームミストづくり〜オーガニックコスメについて学ぼう〜
 https://bio-sopra.com/workshops/29364
・あっという間におうちが華やかに。簡単ハーバリウム手作り体験
 https://bio-sopra.com/workshops/29363

【natural style BIO SOPRA Tokyo 公式オンラインショップ】
https://online.bio-sopra.com

natural style BIO SOPRA Tokyo
(ナチュラルスタイル ビオソプラ トーキョー)は、

“大切な毎日に、上質で華やぐライフスタイルを提案する”

をコンセプトに、こだわり抜かれた様々な商品を取り扱っております。
汐留イタリア街にお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。

〒105-0021
東京都港区東新橋2-9-4 ヴィアパルコビル1F

大江戸線「汐留」から徒歩5分
山手線・浅草線「新橋」から 徒歩9分
山手線・京浜東北線「浜松町」から 徒歩9分
https://bio-sopra.com/access

スタッフによる商品紹介や、季節を楽しむライフスタイルを提案・情報発信しています。
想いの詰まった作品を、みなさまの日常に。

Blog

関連記事